製品概要

  • 音響製品
  • 音響特性測定装置

騒音計検査装置
TYPE8152A

  • 定価:¥1,500,000-
騒音計検査装置3

製品について

音響結合器を採用、簡便な防音箱の使用で非常にコンパクトな検査装置の構成を実現した騒音計検査装置 TYPE8152Aは、無響室や無響箱など高価な設備を必要とせずに騒音計やマイクロホンの特性が測定できます。

JCSSにトレースした音響校正器及び、マイクロホンを基準用に使用することにより、高い精度での上位標準へ整合の得られる校正が行えます。

現場へ持ち込む事も可能で、場所を選ばず、被測定マイクをセットし、簡単な操作で測定誤差の少ない校正を容易に低価格で行うことができます。

製品仕様

● 発振器 TYPE8152A

<発振部>
発振周波数100Hz、400Hz、1kHz、2kHz、3kHz、3.15kHzの単独
個別レベル調整発振周波数毎に個別設定
ロック式多回転ボリウムにて調整可能
個別周波数精度設定周波数の±0.05%以内(20℃±5℃)
個別レベル精度設定レベルに対し±0.1dB(20℃±5℃)
出力電圧最大AC 1Vrms
出力歪率1%以下
出力インピーダンス180Ω
出力端子BNCコネクタ(背面;OSC OUTPUT)
<増幅部>
測定範囲60~130dB
マイクロホンバイアス電圧200V
入力端子レモコネクタ
入力インピーダンス56kΩ
出力インピーダンス560Ω
校正信号内蔵発振器による電気的校正(1kHz 正弦波)
出力電圧AC 1Vrms(フルスケール)
表示器 液晶表示数字表示4桁(LED)
分解能0.1dB
出力端子BNCコネクタ(背面;SOUND OUTPUT)
<共通仕様>
動作温度範囲+10℃~+50℃、90%以下(但し結露なきこと)
電源AC100V 50/60Hz(30VA以内) ±10%
重量約10kg
寸法395(W)×49(H)×270(D)

● 構成

1) 発振器本体 TYPE8152A
2) 発振器用電源ケーブル2m(接地変換アダプタ付)
3) 防音箱 KB-4S
4) 1/2インチ基準マイクロホン TYPE7012
5) 1/2インチプリアンプ(ケーブル1m付) TYPE4012
6) 1/2インチ音響結合器
7) マイクロホン固定治具
8) マイクロホン用ケーブル(1m)
9) スピーカーボックス
10) スピーカー用ケーブル(1m)
11) 騒音計用L字治具
12) 騒音計用ケーブル

その他資料